Category: プロフィール

やまけんプロフィール

はじめまして!

やまけんと申します。

私は東京の理系大学を卒業して22歳の時に大手システム会社に入社し、その後転職を繰り返しテスターからプログラマー、SE、エンジニア管理の職をしています。

このブログでは、エンジニアとして培ってきたことや仕事に対する姿勢、転職の体験談など備忘録もかねて役立つ情報を発信していきたいと思っています。

ニックネーム:やまけん
年齢:40代
仕事:エンジニア
趣味:釣り・ゲーム・読書
転職回数:4回
出身地:福島県

私が生まれたのは福島県で、かなり緑が多い地域です。

小学生~中学生までは、地元の公立(公立しかありませんが^^;)に進み、高校は少し離れた福島市の高校へ入学しました。

大学は付属高校だったのでそのままストレートで入学、あまり大学受験用の勉強はしなかったのはよかったです。

大学を卒業してからは、東京にでてきて就職しました。一部上場の今いうIT系ですが、実態は派遣会社みたいなもんですね。自社の社員として別の外資系の会社に社員を送り込んで働かせるという帰社意識が薄くなる使い捨ての部署でした。

派遣先の会社は外資系の超有名なIT系の会社でした。数か月の研修期間で新人をそんなとこに送り込むなんてどうなんだろうと思いましたが、そこではかなり勉強になりました。

テスターとしてソフトウェアの品質管理をしていましたが、プログラムは基本的にアメリカでやっているので日本ではローカライズのチェックだけ。

当時はWin98とWinNTを使ってバージョンがあがったソフトが出るたびに、日本語、韓国語、英語などいろいろな環境で正しく動くかのチェックです。

まぁ、はっきりいって面白くはなかったですね。

でもスキルアップはできたのでよかったです。

一度目の転職

初めて転職したのは、25歳のときでした。

その派遣されていった外資の会社は業界では超有名なところだったので、転職はかなり有利に運びました。なんせ、その会社の名前を出すだけで「へ~」って感じになっていましたから。

リクルートの転職エージェントを使ったのですが、なにしろ初めてだったので言われるがポンポンと面接をしてポンポンと内定をもらいました。はっきりいって前の会社様様の転職活動でした。

自分には独立志向があったので、とにかく小さい企業にいってスキルを上げようと思い、小規模な会社にしぼって受けました。結局社員数10名のほんとにスタートしたばかりの会社に入社しました。

いい会社だったのですが、一番メインの取引先がその会社で受注していた仕事を自分たちでやりだしたので業績が急激に悪化。

結局、新しい事業を立ち上げなければやばい状態になったのでどんどん人を入れて、どんどん傾いていきました。。。

その会社にも3年いましたが、当時ITバブルで無謀な事業計画でも簡単にお金が集まったので資金は潤っていましたが、どう考えても儲からないと思う事業に傾倒していったので、「これはまずい」と思いさっさと見切りをつけて転職しました。

その後は、社員3人、社員5人というような小さなベンチャーを転々としましたが、一つはかなり大きくなって今は社員数が100人くらいいるそうです。

私は現在はフリーランスとしてシステム開発やWeb作成などの業務を行っています。

会社勤めもいいですが、フリーだと自分の好きなように仕事ができるのでストレスフリーでかなり自由です。

ただ、常に仕事を自分でとってこないといけないので安定しないのと、将来の不安がとても厳しいですね。

やまけん